子供の行事は母親の仕事?!子供たちの本音とパパと母ちゃんの気持ち。

[ad]
こんにちは!母ちゃんです!

昨日は皆さんがブックマークしてくれたおかげで
こんなくだらない愚痴や日常を描いているブログを読んでくれる
読者様が一気に増えました!

ありがとうございます( *´艸`)

さて、今日は保育園や学校で必ずある
子供たちの行事についてです。

皆さんは、子供の行事参加は
1人ですか?
それとも夫婦そろって参加していますか?

我が家は、パパの仕事の都合がつかないため
1人で参加することが多々あります。
小学校の授業参観や保育園の懇談のように頻繁にある
行事に関しては全然一人でもいいんですが

問題は、卒園式や入学式
我が家は家族が多いので何度も行くことになりますが
その子にとっては1度キリの行事です。

〇母ちゃんがパパと再婚するときに約束してもらったこと

実は、母ちゃんとパパが再婚するときに
パパに子供たちのことで1つだけ約束してもらったことがあります。
それは、出来る限り子供の行事に参加すること

パパの仕事の状況を考えるとすべての行事に参加というのは
当然無理なので、できるだけということで約束してもらいました!

なんでこんな約束をしたのかというと
昨日も少し話しましたが母ちゃんの父親は
パパと同じく仕事人間でした。
ですが、母ちゃんや弟たちが小学校に入学してからは
仕事は相変わらず激務でしたが
入学式、卒業式、運動会、学芸会
この4つの行事だけは休みを取って必ず来てくれていました。
運動会に関しては、天候で延期になる場合があるので
来れないこともありましたが
予定通りに行事が開催された時には必ず参加してくれていましたよ。

母ちゃんは、こんな家庭環境で育ってきているので
パパにもできる限り行事に参加してもらいたかったんです。

〇子供たちの本音は?

f:id:ka-tyann:20180210130224p:plain
行事があるときには母ちゃんや子供たちから
「〇月〇日にこんな行事あるんだけどパパ行けそう?」と伝えるんですが
パパの仕事上、本当にぎりぎりにならないと予定がわからないため
なかなか、その場で行ける行けないと決められないことが良くあります。

とりあえず、出張ではなくこちら側で仕事の時であれば
行事が午前中だった場合
パパは午後から出勤するという形で参加してくれます。

長男の卒園式の時は出張でいなかったため母ちゃん1人で参加しました。
周りは、ほとんどの人が夫婦そろって参加していたため少し長男が可哀そうでした。
入学式は午後からでしたが、パパと長男の間で約束していたらしく
入学式が終わったらすぐに出張先に戻るという条件で
無理やり時間を作り参加してくれていました。

行事があると我が家の子供たちが
まず1番先に言うことは
パパ今回は来れるかな?
この言葉です。
しかも、子供たちも言っている時点で
諦め半分で泣きそうになりながら言っていることが多く
それを隣で見たり聞いたりしている母ちゃんも
子供たちの気持ちがわかる分泣きそうになります(笑)

実際、保育園や学校の大きい行事に関しては
我が家の子供たちが通っている保育園や小学校の場合
ほとんどの家庭が最低でも夫婦そろって参加していることが9割です。
運動会や学芸会は、保育園、小学校どちらも
夫婦のほかに兄弟や、おじいちゃんおばあちゃんも来ています。
田舎だからなんですかね?(笑)

母ちゃんもシングルだった時は、パパと知り合う前だったので
母ちゃんの両親や、弟たち
時には、中学時代からの親友が
子供たちの行事に進んで参加してくれていました。

学芸会は見るだけ何で大丈夫ですが
保育園の運動会は、半分近くが親子競技のため
長女、次女が一緒の競技だったり
長男が保育園に通っている時は
同じ競技で長女と長男がかぶってしまい
最初に長女と走って
長男はアンカーだったので、そのあとに長男と走るなど
2回続けて走ったこともありました( ;∀;)

そんな時、やはり夫婦できている家庭がうらやましかったですね。
子供たちも、ほかの家はパパもママも両方来ているのに
うちは母ちゃんだけ。
再婚してからは、みんなのところはパパが仕事休んできているのに
なんでうちはパパきてくれないの?と泣かれることが良くあります。

仕事だから仕方ない。大人にとってはこの一言ですむ問題ですが
子供たちにとっては違います。
どうでもいい相手ならこんなこと言わないんです。
大好きなパパだから来てほしい。
頑張ってる姿を見てほしい。
子供たちにとって、仕事だから行けないとその一言で片づけられてしまうと
それは、大人の都合のいい言い訳にしか聞こえないんです。

〇パパの気持ちは?

f:id:ka-tyann:20180210130319p:plain
仕事で行けないというのは大人の言い訳とさっき書きましたが
実際、仕事もしないと生活していけないわけで
何が何でも休めと言っているんじゃなく
子供たちに対する言い方の問題です。

我が家の場合は、どうしてもパパが参加できないときは
子供たちとパパの間できちんと話し合ってもらいます。
時には、子供たちからかなりきつい言葉が出るときもあり
パパも傷ついたりしますが、それでも子供たちがため込んだり
大人のように無理をして自分の気持ちを隠すようになるよりは
全然いいと言ってパパは子供たちと向き合ってくれています。

子供たちのパパに来てほしい
頑張って練習したのに
という気持ちを全部聞いて
そこから、パパが子供たちに話すことは

本当はパパも見に行きたい
でもパパが仕事をしないと家族みんながご飯を食べていけなくなるということ
そして、最後には必ず頑張っているのに見に行けなくてごめんなという言葉。

この話し合いをしている時は、もちろん子供たちは泣きますし
そこからしばらく引きずることもありますが
パパがきちんと子供たちと向き合ってくれているおかげで
最終的には子供たちも納得し
いっぱい動画や写真を撮ってパパに送ってねと言います。

パパも子供たちと話し合った後
落ち込んでいたり、子供たちの気持ちを全部聞いて理解している分
泣きたくなっている時も多々ありますが
母ちゃんがそんなパパにかける言葉は
ありがとうです。

自分が傷つきながらも、きちんと子供たちと向き合ってくれていること
そして、仕事を頑張ってくれていること
何よりも、本当は子供たちの行事に出たいと思っていてくれることです。

〇子供の行事に出られないお父さんたちにお願いしたいこと

f:id:ka-tyann:20180210130406p:plain
最後に、子供の行事に参加できないお父さんたちにお願いしたことがあります。
あくまでこれは母ちゃんの考え方ですが
子供たちはパパが大好きだからこそ来てほしいんです。
毎日仕事で疲れている中、何で来れないの?と
泣き続けられるとイライラしてしまうこともあると思います。
ですが、普段は仕事で一緒に居られないパパに
子供たちは自分の成長を、頑張りを見てもらいたくて言っています。
その気持ちだけは理解してあげてほしいです。

仕事で行けなくても、動画や写真で子供の頑張りを見ることはできます。
ママから頑張っていたよと話を聞くだけでも
子供たちの頑張りを知ることができます。

そんな時は、パパは見に行けなかったけど
動画みたよ
ママから聞いたよ
頑張ったねと褒めてあげてください。
子供たちは、その一言だけでもパパはわかってくれたんだと嬉しくなりますよ。

子供はまっすぐです。
期待もします。
反抗もします。

仕事だからこの一言でいつも済ませていると
子供たちは学習します。
どうせ、来れないと期待しなくなります。

出来るだけでいいんです。
行けない時は仕方ないんです。

でも、行けるときは参加してあげてほしいです。
行けなくてもたくさん褒めてあげてください。

母ちゃんからのお願いでした。

育児や子供たちの行事などで頑張ってるママ
仕事をして家族を支えるパパ
どちらも大変で大切なことです。

みなさんいつもお疲れ様です!

子供たちは、そんないつも頑張っている両親のことを見ていますよ!
大変なことも多いですが、そんな時こそ夫婦で協力して
乗り越えましょう!

我が家の場合、母ちゃんとパパは
夫婦であり、友達であり、戦友であり、大切な家族です!

皆さんも、もし不満や不安があるなら
1度夫婦で話し合ってみて下さいね!
その時に、お互い感謝の気持ちを伝えると
より絆が深まりますよ!

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. epinkflower より:

    突然のコメント失礼します!
    言い方ってほんと大事ですよね!
    夫婦間・親子間、もちろん友達同士でも。
    最近ほんとうにつくづくそれを感じます!