次女、今日は保育園休むってよ!

こんにちは!
三女の夜泣きで寝不足の母ちゃんです(-_-;)

3歳の次女、保育園行きたくない!の巻

今日の朝、お姉ちゃんになったはずの次女が
今日は休むから保育園行かない!と言い出しました(笑)

が、しかし三女もRSウイルスが完治しておらずまだ登園許可が出ないのでお休み。
そして母ちゃんは寝不足。
仕事の納期が迫っている状況。

次女には、申し訳ないですが
保育園に行ってもらいたい!

朝の忙しい時間に、何が何でも休みたい次女とバトル!

そして朝から
絶対に行きたくない次女VS母ちゃんの戦いがはじまりました。
f:id:ka-tyann:20180122120150p:plain
観戦者は、何がなんだかわかっていない三女と
早く保育園に行きたい長女、そして早く保育園に送らないと遅刻するパパ。
長男はすでに登校していました(笑)

最初に仕掛けてきたのは次女。
履いていたパンツを脱ぎおむつにチェンジ!

母ちゃんこの時点でイライラ(笑)
母ちゃんのターン!パンツはけ!服着ろ!と怒る

次女、長袖もズボンもないから無理!とおむつとシャツでTV鑑賞。

母ちゃん、服を用意しようと次女のタンスへ行くとなんと中身が空!
服どこやったと言ったら知らなーいとまたTV鑑賞。

そして、パパの時間がギリギリでタイムアップ( ;∀;)

母ちゃん完敗でした。

結局、次女は今日保育園休みました (*_*)

そして行方不明の服は押し入れの隅の方にすべておいてありました(笑)

きっと昨日の夜から休む気だったんだと思います(-_-)

保育園に行きたくない理由

いまやっと三女がお昼寝をしたので、次女と話してみると
お姉ちゃんになってみんなに褒められて嬉しい反面
やはり寂しかったようです。

最近は三女がずっと休みなので
一緒に家に居たかったと言っていました。

もっと早く気づいてあげられたら良かったんですが
毎日ドタバタで一人ひとり子どもたちのことをきちんと見れていなかったのかなぁと反省。
次女にも早く気づいてあげられなくてごめんねと謝りました。

母ちゃんの場合、在宅なのでなんだかんだ休ませられますが
普通に外で仕事をしている場合
朝保育園嫌だーと泣かれると本当に困ってしまいますよね。
実際母ちゃんも普通にパート勤務してるときはそうでした。
保育園の送迎を車でしている場合はまだいいですが
我が家の場合、母ちゃんが免許を持っていないので歩きで保育園の送り迎え。
そうなると、歩かず
道端でうずくまりギャン泣きと言うことが何回もあり
仕事に間に合わないので
そんな日はタクシーで保育園に送っていました。

実際保育園について各部屋に送ってバイバイする時はギャン泣きですが
お迎えに行ったあと先生に言われるのは
そこからすぐいつも通り遊んでたので大丈夫ですよの一言。

朝の苦労は何だったんだと思いましたが
よくよく考えると、家でギャーギャー言っている子供の姿が本当で
保育園では、頑張っているんじゃない?
気づいたときに本当に子供たちに申し訳なくなりました。

我が家の保育園行きたくない!の対処法は?

朝の戦争のようなバタバタとした時間。
そこでぐずられるとつい怒ってしまってましたが
怒らず、きちんと話して
子供の気持ちを理解してあげるべきだったのでは?
そんなふうに思いました。

だからといって仕事が休めるわけではありませんが
せめて、本当はお家にいたかったんだよね。
お仕事だから今日はそれは無理だけど
お仕事休みの日は保育園お休みしようねと声をかければよかった。

その対策を取ってから我が子達は泣くけど頑張って保育園に行ってくれていました。

それを最近忘れてしまっていました。

子供の成長に伴って、自分でできる事が増えて
当たり前になってしまっていますが
子供たちも頑張っていると言う事を忘れちゃいけないなぁと気付かされました。

子供との時間が足りない!働き方を変えました!

今は6月に出産をひかえていて預け先がその時にないと困るのと
長女の卒園があるため無理ですが
産後は、次女、三女は保育園を退園させようと思っています。

在宅ワークを選んだのは
自分にとっても
子供たちにとっても
旦那にとっても
安心できる家庭にしたいと思ったからです。

みなさんも
子供達との時間を増やしたいと思ったときや
保育園の空きがなく、働けないと思ったら
在宅ワークを検討することをおすすめします。
普通に外で働いたほうが稼げると思いますが
まず、やってみるということが大切ですよ(*^^*)

ちなみに母ちゃんはこちらで在宅ワークデビューしました!
クライアントもいい人で安心してお仕事させてもらえましたよ〜!
興味のある方は登録してみてください(^o^)

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク