パパには知っておいてほしい。妊娠中のこれが辛い!

[ad]
今回は母ちゃん自身の話ですが
妊娠中は体調以外にもいろんな変化があり
正直精神的に参ってしまい誰か助けて〜!と
叫びたくなることがあります。
f:id:ka-tyann:20180120231855j:plain
そんな時、パパが理解してくれているのといないのでは大違い。
よく耳にすると思いますが、母親は妊娠中や産後にされたことを忘れない。
これ実際ホントです(笑)
母ちゃんも実際三女がお腹にいる時に、普段ほとんど喧嘩をしない旦那と大喧嘩してしまい
未だに思い出して悲しくなることがあります(笑)

逆に、妊娠中や出産のときにしてくれた嬉しかったことも鮮明に覚えていますよ(*^^*)
f:id:ka-tyann:20180120231949j:plain
予定日がもう過ぎているのに陣痛が来ず、毎日前駆陣痛で辛いときに
夜は必ずお腹と腰を撫でてくれていたこと
本当は、仕事で離れなきゃいけない時に、なるべく家にいてくれたこと
普段は近所のコンビニすら車で行くのに公園で一緒に散歩してくれたこと
今でもその時のことを思い出すと温かい気持ちになります。

妊娠は毎回違う。この瞬間は1度きり
妊娠期間は長いようで短いです。
たった10か月。
赤ちゃんが生まれてくるまでの、ママとパパの準備期間です。
毎回お腹の子によって、つわりが違ったり
妊娠中のトラブルがあったりいろんなことがありますが
お腹の赤ちゃんによって違うということは
今妊娠しているこの瞬間は1度きりなんです。
母ちゃんは何回子供を産んでも
妊娠するたびに毎回不安になります。
赤ちゃんは元気に育っているだろうか
今回はちゃんと陣痛が来るだろうか
三女の時は破水してから生まれるまでものすごく早かったけど
病院まで間に合わなかったらどうしようなどなど

妊娠の回数に関わらず不安になるんです


生理中もよく、精神状態が不安定になりますが
妊娠中はそれ以上に小さいことまで気になってしまいます。
体調もそうですが、お腹の赤ちゃんの心配や出産に対する不安
そしてホルモンバランスの変化で
いつも以上に、精神状態のコントロールが難しい(-_-;)

自分でもこんなんじゃダメだと思っていても、なかなか上手くいかず
急に泣いてしまったり、情緒不安定になってしまう事があります。
何をしてほしいというよりも
ただ、不安な気持ちを聞いてほしいんです!

実際、三女妊娠中はもともとの母ちゃんの性格もあり
なかなか不安だといえずに最終的に大爆発…なんてことも(笑)

いきなり大泣きされたり逆切れされたパパは困り果てていました(笑)
ごめんよ。旦那。

その時に、パパがしてくれたのは
まるで子供をあやすように、1つずつ何が不安なのか
嫌なのか、どうしてほしいのか聞いてくれました。

実際その時は不安定になりすぎて、何が不安なのか
自分でもわからなくなってしまっていて
またパパを困らせてしまいました(*_*)

そこで我が家のパパが提案してくれた2つのこと

1、ため込まない
これは結構重要なことで、母ちゃんはよくため込みすぎてしまい
結果大爆発ということがよくあったので
せめて、小爆発にしてほしいとのこと(笑)

2、何が不安かわからなくてもとにかく言うこと
パパに言われたのは、言ってくれなきゃわからないということでした。
男の人は妊娠することができませんから、確かにわからないですよね。
家事や育児なら協力的な旦那さんであればわかってもらえますが
妊娠中の体調や精神状態なんて言わなければ自分以外わかるはずがないんです。
辛いとか苦しいとか
なんでかわからなくても、そのままなんでかわかんないけど不安で仕方ない!などと正直に話すことが大切です。

わが家の場合はとくにですが
旦那が出張ばかりで、普段はなかなか話せないので
この時間が本当に大事でした。

皆さんの家はどうですか?
夫婦でも、家族でも
やっぱり言葉にするって大切だなぁと母ちゃんは思いました。

ちょっとしたことでもいいんです。
今日あったこと、これから揃えるベビーグッズのこと
今の気持ち、家事の分担のお願い
言葉にするだけで、自分も楽になるし
思ったより相手もすんなり受け入れてくれます!

にほんブログ村 子育てブログ 子だくさんへ
にほんブログ村

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク